PF(5th)

藤倉君と長峰さん

「藤倉君は八千代の手料理を食べることもあるよね」
「ありますね。たまにですけど」
「やっぱり藤倉君の下を唸らせる料理なんだろうね……」
「おいしいですよ。気になるなら今度いっしょに――」
「藤倉君の下を」
「舌を?」
「下を唸らせる……」
「視線の位置、変じゃないですか?」
「八千代が藤倉君の下を唸らせる……!」
「なんか変じゃないですか?」
「舌が下を唸らせる……!」
「なんか変じゃないですか?」
「ちなみにどんなふうに唸るのかな」
「別に、実際に唸る訳じゃ……」
「どんなふうに唸るのかな」
「……まあ、『唸る』っていうぐらいなんで」
「うんうん」
「『うおぉぉぉ』『うまいぞぉぉぉ』『最高だぁぁぁ』とか……」
「これはひどい」
「なんか変じゃないですか?」
スポンサーサイト

PageTop