PF(5th)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

藤倉君と長峰さん

「ファントムペインって知ってるかな?」
「体の失った部分が痛むっていうやつですか」
「……」
「どうしました?」
「こんなの藤倉君じゃない……」
「え?」
「僕の藤倉君はこんなに博識じゃない!キミは誰だ!?」
「ええ!?」
「なに藤倉だ!」
「そんなこと言われても……」
「強いて言うなら?」
「…ぱ、パンツ藤倉?」
「……」
「……あの」
「なんだい?」
「今のは、無しで……」

「僕のために影で雑学を勉強してる藤倉君も素敵だね。今ならそう思う」
「はぁ」
「萌だね」
「萌ですか」
「さて、ファントムペインの話だったね」
「そう言えば、そんな話でしたね」
「僕で言えばこの右目だね。どちらかというと頭の方が良く痛むんだけど」
「大丈夫なんですか?」
「いつものことだからね。ありがとう、藤倉君。あとは都もそうだね。」
「……」
「八千代もかな」
「え?八千代ちゃんどこか…」
「胸とか」
「ちょっ!」
「だってひん」
「天然ですから!何も失ってませんから!」
「でもAAカッ」
「違いますから!Aですから!」
「…なんで知ってるのかな?」
「えっ」
「じつはおっぱい藤倉だったのかな?」
「えと」
「『おっぱい藤倉は服の上からおっぱいのサイズが分かるのだ!』
こんな感じかな?和服の上からでも判別できるなんてすごいね。羨ましいね。」
「ええと」
「つまり八千代胸ばかり見ていた、と」
「誤解です!」
「五回も!?」
「なにが!?」

「前置きが長くなってしまったね」
「いつもどおりな気がします」
「そう?じゃあ今度からは気をつけようかな。僕が気になるのはね、藤倉君。
ニューハーフの人のことだよ」
「ニューハーフの人って斬新な響きですね」
「失った男の象徴のファントムペインを感じることはないかな」
「もともとついてることに違和感があったんだから、感じないんじゃないですか?」
「一理あるね。じゃあ、心から男な男性が取っちゃった場合はどうなんだろうね?」
「うーん、どうでしょう?」
「気になる?」
「まぁ、それなりに」
「よし、カンナに連絡だ!」
「何故!?」
「牛乳に相談だ!」
「やめてぇ!」

-----------------------------------------------------------------------
うまい! 完成度高いですね! 書き慣れた人ですね!
会話の回し方にセンスを感じますよー。おもしろいっ!
ネットの海には才能が溢れておるなあ、と改めて思うのでした。
『キミは誰だ』からの『なに藤倉だ』。長峰さんやりそうです。
>あ、新刊待ってますよ(ニッコリ
お、おうよ!(震え声)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。