PF(5th)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

藤倉君と長峰さん

「さて、なぜドラクエは名作なのか?」
「不意に『さて』と言われても困りますけど」
「社会現象になるまでの売上を達成したから、というのは無しだよ」
「んー、才能あるスタッフが揃ったから、とか……」
「もちろんそれもある。時々オホーツクに消えたくなる」
「オホーツク?」
「それはさておき、ラスボスの城がすぐに見えること。これは大きい」
「あ、無印の話ですね」
「マップ上、目標とすべき場所がすぐそこにある。でも届かない」
「ふむ」
「つまりは、藤倉君にとっての目標もそういうことになる」
「どういうことに」
「『先輩はすぐそこに居るのに、僕の想いが届かない……』」
「どういう展開」
「『ギ、ギラアッー!』」
「なんだこれ」
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。