PF(5th)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

きかんしゃトーマス 伝説の英雄

 スペンサー(外部からの出向社員)は優秀ではあるが性格に難があり、自分の業務よりもトーマス(生え抜き社員)への嫌がらせとストーカー行為を繰り返したため、プロジェクトが滞ることとなった。これはトーマス(生え抜き社員)がプロジェクトを手伝うことで解決したが、スペンサー(外部からの出向社員)は別段トーマス(生え抜き社員)に感謝することは無かった。(何故ならスペンサーは性格に難があるからです。)
 かといってトーマス(生え抜き社員)はといえば、「がんばるぞ!」「僕ならやれる」「あなたならできます!」と根拠の無い精神論に終始することも多く、また上司への報告も怠ったためいくつか失敗はしていたが、圧倒的ににコミュ充であったため最後はめでたしめでたしというお話。ソドー鉄道に漂うブラック感。


なお、きかんしゃトーマスの世界観においては、
「がんばるぞ!」「僕ならできる!」
と言っていても、出来ないことは出来ないし、間に合わないものは間に合わないし、事故るときは事故る。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。