PF(5th)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

保育園

男の子だと思っていた子が、実は女の子だったりすると、
「お、お前、女だった……のか……」という台詞を脳内再生。

スポンサーサイト

PageTop

生存者、一名 / 歌野晶午

 たぶんわたしは死ぬ。殺人鬼がやってこなくても、
このままでは遠からず死んでしまう。食料が尽きた。
食べ物を集めにいく気力もなくなりつつある。

----------------------------------------------

歌野晶午作品は初。面白かった!
葉桜の~、で名前だけは知っていたのですが、
こんなに本格寄りの作家さんだったとは。
ミステリぶんを補給すると、身の回りのあらゆるものが
トリックに使えそうな気がしてくる不思議。


文庫としては、『そして名探偵は生まれた』より。

PageTop

おお鳥取

不意にテレビをつけたら「けいおん」が放送されていた訳であり、
アニメ不毛の地、鳥取もここまで来たのか・・・!? と感動しきり。それとも「けいおん」がそれだけ凄いのか。

ともかく、唯の動きが逐一かわいらしかったので、とてもしあわせ度の高い作品でありました、

PageTop

ぼくと、ぼくらの夏 / 樋口有介

暑さに任せて購入。面白かった!
仕掛けがシンプルなのに、これだけ読ませるのは、やっぱり描写力なのかなあ。
夏で青春で初恋。とても瑞々しい作品でありました。

初出が20年以上前、という事前情報が無ければ、携帯電話が存在しないことに気付かないかもです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。